あなたの心と体を癒すちょっと贅沢なエッセンシャルオイル

【ハーブティー】ローズマリー

「若さを取り戻すハーブ」「記憶力を増強するハーブ」として古くから知られています。

食欲不振や循環不良など、なんとなく元気のないときに。

お仕事やお勉強の合間のティータイムにもオススメです。

味   口の中がすっきりするさっぱりした味
香り  少しつんとする刺激的な香り
安全性 2(妊娠中の方、高血圧の方は注意してください)

【ハーブティー】ローズマリー
  • 【ハーブティー】ローズマリー
  • 販売価格(税込): 216~972
  • 獲得ポイント: 2~9 pt
  • 内容量:
  • 購入数:

ハーブティの飲み方

【ハーブティー】ローズマリー

学名Rosmarinus officinaris
科名シソ科
使用部位葉部
原産国モロッコ

【ハーブティーのおいしい飲み方】
①ティーカップ(150~180cc)1杯あたりティースプーン山盛り1~2杯のハーブをティーポットに入れます。
②100℃の熱湯を注いだら、香りが逃げないようすばやくフタをします。
③花や葉は3分、種子や根は5分抽出します。
④カップに注いで香りや味、色を楽しみながらお飲みください。時間をあけ、1日3~4回に分けて飲むとより効果的です。

※VELUTINAのハーブはホールの状態でお届けします。これは、細かく粉砕してしまうと品質の劣化を早めてしまうためです。ハーブティーを飲む直前に、使う分だけを細かく粉砕すると、より新鮮な状態で成分を抽出できます。
※ハーブティーは水出しも可能です。ただし、雑菌が入らないよう容器を熱湯消毒しておくなど注意しましょう。

飲む前にひと手間(更に美味しくなります)

【ハーブティー】ローズマリー

ハーブティは、そのままお茶にしてもよいのですが、淹れる前に茶葉に少し手を加えるとより香りが良くなり味も奥深くなります。

例えばこんな感じ。
・キッチンバサミや包丁などでリーフを更にカットする
・乳鉢やすりこぎですりつぶす
・ハーブを市販のお茶用パックに入れ、手で揉み込む(乾燥ハーブの場合、枝や葉で手を傷つける恐れがありますのでご注意ください)

ハーブ豆知識♫

【ハーブティー】ローズマリー

なぜローズマリーが若返りのハーブと言われるのか・・・。

昔、ハンガリー王女が原因不明の手足の痛みに悩み(リウマチだったのではないかと言われています)それを見かねた修道女がローズマリーやその他のハーブをオリーブオイルに漬け込んだ抽出液(痛み止め)を献上したという話が伝えられています。

この痛み止めを使い始めたところ、王女の手足の痛みは徐々に和らぎ、それに伴って肌のつやも良くなり若い頃の美貌を取り戻したとか。

そしてその噂は隣国にまで轟き、その美貌に感激した年下のポーランドの王が熱烈に求婚したということですからびっくりです。
なお、この時ハンガリー王女は70歳を超えていたと言われています。

カスタマーレビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

pagetop