あなたの心と体を癒すちょっと贅沢なエッセンシャルオイル

【ハーブティー】マルベリー

生活習慣病の予防によく用いられるハーブです。
日本でも鎌倉時代には糖尿病の人に飲用が勧められていたという記述が残っています。
脂肪の吸収を抑えたい、健康維持したい時にどうぞ。

少し苦みがあるので他のハーブとブレンドしたりハチミツを入れてみたりしてください。
また、糖尿病予防やダイエット目的の場合には食前の30分前に飲用すると良いです。

味   少し苦みがある味
香り  懐かしさを感じる草原の香り
安全性 0(安全に利用できます)

【ハーブティー】マルベリー
  • 【ハーブティー】マルベリー
  • 販売価格(税込): 324~1,512
  • 獲得ポイント: 3~14 pt
  • 内容量:
  • 購入数:

ハーブティの飲み方

【ハーブティー】マルベリー

学名Morus alba
科名クワ科
使用部位葉部
原産国日本


【ハーブティーのおいしい飲み方】
①ティーカップ(150~180cc)1杯あたりティースプーン山盛り1~2杯のハーブをティーポットに入れます。
②100℃の熱湯を注いだら、香りが逃げないようすばやくフタをします。
③花や葉は3分、種子や根は5分抽出します。
④カップに注いで香りや味、色を楽しみながらお飲みください。時間をあけ、1日3~4回に分けて飲むとより効果的です。

※VELUTINAのハーブはホールの状態でお届けします。これは、細かく粉砕してしまうと品質の劣化を早めてしまうためです。ハーブティーを飲む直前に、使う分だけを細かく粉砕すると、より新鮮な状態で成分を抽出できます。
※ハーブティーは水出しも可能です。ただし、雑菌が入らないよう容器を熱湯消毒しておくなど注意しましょう。

飲む前にひと手間(更に美味しくなります)

ハーブティは、そのままお茶にしてもよいのですが、淹れる前に茶葉に少し手を加えるとより香りが良くなり味も奥深くなります。

例えばこんな感じ。
・キッチンバサミや包丁などでリーフを更にカットする
・乳鉢やすり鉢ですりつぶす
・市販のお茶用パックに入れ、手で揉み込む(乾燥ハーブの場合、枝や葉で手を傷つける恐れがありますのでご注意ください)

ハーブ豆知識♫

マルベリーは日本では桑と呼ばれます。
おかいこ様が食べるあの「くわ」です。

この植物は昔から糖尿病予防の生薬として親しまれてきました。
利尿、血圧降下、血糖降下作用、解熱、鎮咳に効くとして、中国ではいろいろな漢方薬の原料となっています。

一般的に、葉はお茶(クワ茶)として、実は食用(マルベリー)として、幹は家具材として利用されています。
今でも桑の生育する地域では、山菜料として生え初めの葉を摘み取り天ぷらにして食したりするようです。
名前の由来は諸説ありますが、蚕が好んで食べたことから「蚕葉(こは)」という説が有力と言われています。

カスタマーレビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

pagetop