あなたの心と体を癒すちょっと贅沢なエッセンシャルオイル

フランキンセンス(Bio)

フランキンセンスは、別名乳香やオリバナムなどと言われ、古くから各国の宗教儀式には欠かせない香りとして利用されてきました。
キリスト誕生の際にもミルラと共に贈られたというフランキンセンス。
スパイシーな中にも甘さが漂う香りは、貴方を深い瞑想の世界へと誘います。

〇香り   重厚な深みのある香り
〇色    薄黄色
〇安全性 0(とても安全に利用できます)

フランキンセンス(Bio)
  • フランキンセンス(Bio)
  • 販売価格(税込): 1,857~3,650
  • 獲得ポイント: 17~33 pt
  • 内容量:
  • 購入数:

商品の説明

学名Boswellia carterii
原産地ソマリア
抽出部位樹脂
抽出方法水蒸気蒸留法

【使用例】
○ティッシュに1滴落とし、枕元へおいてご使用ください。
○キャリアオイルで1%濃度に以下に薄め、お顔におつけください。
1%濃度とは、キャリアオイル小さじ1杯にエッセンシャルオイル1滴を落とした時の濃度を指します。

【フランキンセンスについて】
香りがベースノートのため残りやすいです。
芳香拡散器などでお部屋に焚く場合には少量での使用をお勧めします。

私達はこんな感じで使っています。

フランキンセンス(Bio)

〇肌のくすみが気になる時に、水に濡らしたコットンに精油を落とし、コットンパックしています。

〇寝つきが良くない時に、芳香拡散器に1滴入れて枕元で焚いています。

精油の注意事項

原液を皮膚に直接つけたり飲用したりしないでください。
直射日光や高温多湿、火のそばを避け冷暗所で保管してください。
お子様やペットの手の届かないところで保管してください。
柑橘系の精油は半年以内、その他の精油は一年以内にお使い切り下さい。

バイヤーはここにこだわっています!

フランキンセンスは、採取する産地によってアデン種とエルトリア種に分けられます。
それぞれ成分組成も香りも異なり、アデン種は主に体の不調に、エルトリア種は主に精神の不調に利用されます。

一時の美魔女ブームで「フランキンセンス=美容」というイメージが定着していますが、肌や肉体面に、より効果のあるものは、アデン種のフランキンセンスです。

どちらかわからない場合は、お店の方に確認しましょう。

ヴェルティーナのフランキンセンスはアデン種なので、肌や体の不調の緩和に使います。
まぁそうは言ってもリラックス効果のαピネンが半分以上含まれているので、充分精神面のケアにも使えますがね。

肌が疲れている、風邪をひきやすい、喉が弱い、こんな時には、アデン種のフランキンセンスを使ってみてください。

容器について

内容量によって容器が異なる場合がございますが、中身に違いはございません。

カスタマーレビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

pagetop