あなたの心と体を癒すちょっと贅沢なエッセンシャルオイル

ティートリー(Bio)

ティートリーは、オーストラリアの先住民族が古くから用いていた植物です。
つんとした揮発溶剤のような香りは、ともするととても刺激の強い精油のような感じを与えますが、実際はとても穏やかで安全な精油です。
日常の色々なシーンにおすすめの精油です。

○香り  深い草を思わせるツンとした香り
○色   無色
○危険度 1(高濃度で長期間使うと皮膚乾燥の症状などが出る場合があります)

ティートリー(Bio)
  • ティートリー(Bio)
  • 販売価格(税込): 1,296~2,278
  • 獲得ポイント: 12~21 pt
  • 内容量:
  • 購入数:

商品の説明

学名Melaleuca alternifolia
原産地オーストラリア
抽出部位
抽出方法水蒸気蒸留法

【使用例】
○綿棒に精油を浸し、気になる部分に塗布してください。

VELUTINAの精油は、すべてフランス認証機関ECOCERTによる基準の厳しいコスメビオ認証を受けています

私たちはこんな感じで使っています。

ティートリー(Bio)

○喉が痛いときには、お水を入れたコップにティートリーを1滴入れうがいします(絶対に飲み込まないでください)。
ものすごくまずいですが、痛みは和らぎます(笑)

○蚊に刺された時はラベンダーと合わせたティートリーをその部分に塗ります。
少し経つとかゆみが止まり、刺し後も目立たなくなります。

精油の注意事項

原液を飲用しないでください。
直射日光や高温多湿、火のそばを避け冷暗所で保管してください。
お子様やペットの手の届かないところで保管してください。
柑橘系の精油は半年以内、その他の精油は一年以内にお使い切り下さい。

バイヤーはここにこだわっています!

ティートリーに含まれている、テルピネンやテルピネン-4(フォー)-オールというモノテルペン系の成分には、ブドウ球菌やカンジダ菌に対する抗菌、滅菌作用があることが実証されています。
この作用は軽度の膀胱炎やカンジダ炎治療の補助的役割を果たすと言われ、ティートリーはヨーロッパではこれらの病気の予防や病後のケアに利用されます。

テルペン系成分の含有率はメーカーにより様々です。
ヴェルティーナのティートリーは、このテルピネンやテルピネン-4(フォー)-オールといった成分が全体の80%以上を占めます。
それは、一番成分が多く蓄積される夏の暑い時期に刈りとったティートリーを蒸留し、それを新鮮なまま輸入しているからです。

女性は疲れて免疫が落ちてくると泌尿器系、婦人系の病気が出てきます。
おかしいなと思ったら、この精油をお風呂にいれて入浴してみてください。

容器について

内容量によって容器が異なる場合がございますが、中身に違いはございません。

カスタマーレビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

pagetop